MENU

就職に有利な資格

就職に有利な資格を知ることによって、就職をスムーズにさせることができますが、なかなか就職に有利な資格というのは取得が難しいかもしれません。就職に有利な資格にはどのような資格があるでしょうか。就職に有利な資格はたとえば宅建取引主任者や簿記、シスアド、危険物取扱者、衛生管理者、社会福祉士、販売士といった資格を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。今紹介した資格は資格がないよりもあった方が就職に有利な資格ばかりです。またこれらの資格は資格を持っていることによって就職先で資格手当をつけてもらえるなどの待遇もありますからいいですね。

 

他にも、就職の際に有利な資格を持っていることによって資格を取るための目的意識や前向きな姿勢なども評価してもらえますから就職にとても有利になるのではないでしょうか。今就職に有利な資格としてはパソコン系の資格が人気ですね。また、金融系の資格ではファイナンシャルプランナーの資格や証券外務員の資格、簿記の資格といったものも人気です。医療系の仕事の就職には、医療事務や歯科助手、社会福祉士や介護福祉士といった資格も有利な資格になってきますから、自分がどんなジャンルの仕事に就きたいかによって資格を取得してみると就職に有利になると思います。

 

 

役立つ資格

役立つ資格というのは、ひとによって違っていると思います。その人にとって役立つ資格であっても、他の人にとっては何の意味もない役に立たない資格だという資格もあります。資格を選ぶ際には、自分に役立つ資格を選ぶようにするのがいいですよね。たとえば役立つ資格は自分がいましている仕事に役立つ資格や、これから、やりたいと思っている仕事に役立つ資格を選ぶといいのではないでしょうか。資格を何か取りたいと考えた時に、自分が何を勉強したいのかではなくて、人気がある資格を選んでしまう人がいますが、それは実はよくない資格の選び方です。人気があって役立つ資格として紹介されている資格の中には自分には全く縁のない資格もあると思います。

 

ですから資格を選ぶ際には、まずは自分がどんな仕事をしたいのか、自分の仕事に役に立つ資格は何なのか、それを考えてから資格を選ぶようにすると失敗しない資格の選び方ができると思います。人気で資格を選んでしまった場合、資格を取得しても全く使わなかったということにもなりますし、資格を取得するまでに至らないという人もいるのではないでしょうか。せっかく勉強をして資格を取得するのですから自分に役に立つ資格を選びましょう。

 

資格と合格率

資格の合格率を紹介していきたいと思います。資格を取る際に試験を受験する人も多いと思いますが、受験を希望している人や実際に受験した人の中で合格者がどれくらいいるのかという比率のことを資格の合格率といっています。資格の合格率はそれぞれの資格によって実に様々です。資格によっては10%にも満たないような資格もあります。資格の合格率が低ければ低いほど難しいということになるわけですから、合格率というのは資格を取得する際の難易度の目標や目安として参考にするといいと思います。難しい場合に頑張ろうと思って目安にするのであればいいのですが、逆に資格の合格率が高いために勉強をしないで来る人がいるといわれています。

 

ですから資格の合格率はあくまでも数字上のことで、勉強をしなくても合格できるというものでは決してありませんから、合格率に左右されることなく資格の勉強をするのがいいでしょう。資格の合格率は実際にはどうなのかということはわかりませんし、去年までは資格の合格率が高かったとしても、問題や試験の内容が難しくなったために、資格の合格率が高くなったり低くなったりすることがありますから、試験の合格率は本当に参考程度にしておく必要があると思います。